RENTALSERVER

RENTALSERVER
Concept 20

レンタルサーバー

個人でも法人でも、さまざまな情報をネット空間へ発するためには、ホームページやブログ・ブックフェイスなどが利用できる電子空間を持たなければなりません。

この電子空間を提供してくれるのがサーバーです。サーバーは自分で専用のPC(これを単にサーバーともいいます)で持つことができます。

しかし、個人や法人がそういう自前のPCを安定的に確保するためには、膨大な経費とメンテナンスが必要になります。またその技術の習得も必要となります。

こうした作業を外注の形で利用できるのが「レンタルサーバー」です。レンタルサーバーはいわば有料の貸金庫または倉庫のようなものであり、必要な時に自分PCなどで接続し、手持ちの荷物=ソフトやデータを呼び出して使えるようにしたものです。

逆に言えば、ネット空間に出ていくには、このサーバーがないと一歩も出ていくことができません。
自前のサーバーは常に管理が必要になります。特に停電時の対応は致命的な問題を抱えることになります。その他、情報の書き換えなどが即時的に無駄なく行われなければなりません。サーバー自体の管理も欠かせません。

こうしたことから多くのサーバーと呼ばれるPCは、個人管理よりもデータセンターのようなところで集中管理や保持されているサーバーの方が圧倒的に有利になり、特殊な場合を除いてはほとんどがそのデータセンターが管理しているサーバーの「エリア貸し」が一般的になっています。大体は共有空間のエリア利用ですが、一台のサーバーごと丸々貸し出す場合もあります。

レンタルするわけですから、逆にこれを借りる側が一般にユーザーと呼んでいます。ユーザーには個人もいれば団体、法人などもおります。ユーザーが借りるサーバーエリアには賃貸料が発生するののは必然的なことです。

その結果、個人にせよ、法人にせよ、小中規模サイト向けのウェブサーバーを用意するには、レンタルするのが一番コスト上有利な方法となります。

現在はデータセンターの林立により、コストパフォーマンスがかなり低下し、ユーザー側に有利な展開となっております。さらにこれらのレンタルサーバーを仮想的に結合させるクラウド方式の利用方法が進化しつつあります。

こうなると個人でサーバーを持つ時代は全く意味をなさなくなってきております。現在のクラウド方式はデータの保管のみならず、アプリケーションも格納して、端末側のPCやスマホから接続しさえすればこれらのアプリや石納データを更新できるようなシステムができつつあります。

端末における「アプリレス」は端末側のCPUに負荷がかからないようになりつつあると言えます。もちろん、完全にそうなるのはまだ先のことですが、こうした方向の中にレンタルサーバーも組み込まれつつあるのは確かなことです。

したがって、いずれにせよ、自前のサイトを持つためには、このネット空間とつながらない限り不可能なことです。このつながりを実現するものが「レンタルサーバー」ということになります。

幸いなことに、ネット空間のコストは大きくなってきた分、それだけ安価なレンタルが可能となり、場合によっては無料でも手にすることができる環境になりました。

従ってレンタルサーバー業界でも競争が激しく、多くのユーザーを取り込むためには、「コスト低下+機能付加」によって、差別化を図り、顧客ニーズに対応しているのが実相です。

それだけ、端末ユーザーにとっては大変安価なサイト構築が可能になってきました。

レンタル業者は、数百社がしのぎを削っていると言われておりますが、その中でも、初心者でも気軽に、コストリスクの殆ど心配のない業者がいくつかあります。

WebTechDoorではこうした観点から Lolipopのレンタルサーバーを薦めております。紹介する側からも薦められる側にとっても、間違いなくその安心が得られと思います。当社のサイトもLolipopレンタルサーバーによって構築されております。

お試しプランの例では10GBを月当たり100円で始められます。実際に大きなデータの扱いがなければ10GBを使い切るのは至難の業です。画像データを無際限にアップロードすればこの要領ではすぐ、一杯になりますが、軽量のサイトであれば結構運用が可能です。5GB位を目いっぱい使うとなると十分なことができます。
簡単なブログであれば、この中に軽く入ってしまいます。不足を感じたら、プランの変更が簡単にできますのでサイトの成長に従って増量することができます。

Lolipoの料金プランは次の通りになっております。